スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で、後援会関係者ら約2500人(主催者発表)を体育館に集め、父佐重喜氏、母みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。鳩山内閣の支持率が急落し、小沢氏の辞任を求める世論も7、8割に達する中、年忌法要でもない時期の大法要は、143人の議員団を率いた昨年の訪中や、自宅に166人の議員を集めた今年の新年会と同様「数の力」を頼む権勢誇示との指摘もある。小沢氏は法要で「本当に最後の総仕上げ、最後のご奉公だ」と強調したが、地元という自らの「原点」で示した強気の陰には、追い詰められた権力者の孤独もかいまみえる。

 ◇地元も揺らぎ、「数の力」に頼る

 「何としても日本に民主主義を定着させ、国民生活を末永く安定したものにする。私も残りの人生を頑張ってまいりたい」

 小沢氏は偲ぶ会でこう語り、支援者一人一人を握手で見送った。小沢氏の意向で法要には地元以外の国会議員は呼ばれず、達増拓也岩手県知事と今夏改選の2人の地元参院議員が指名を受けて焼香した。小沢氏に近い党幹部は「『お前たちは地元でこれだけ集められるか』という、党内へのデモンストレーションだ」と解説する。

 小沢氏は95年3月、今回と同じ水沢体育館で母みち氏の葬儀を営み、約4000人を集めた。94年暮れに新進党を結成したばかりの小沢氏にとって、1カ月後の統一地方選と夏の参院選に向け、幹事長として力量が問われる正念場だった。

 葬儀には小沢氏が岩手県知事選への擁立を主導した増田寛也氏も参列。統一地方選で増田氏は初当選を果たし、95年参院選で新進党は40議席を獲得し改選議席を倍増させた。この時の勝利が念頭にある小沢氏は、今回の法要も「水沢体育館でやれ」と指示。今月12日の記者会見で「(地元に)僕が行けば必ず数千人集まる」と強調していた。

 しかし、小沢氏を取り巻く状況は厳しさを増している。20日にも自らの資金管理団体を巡る事件で検察審査会の議決がでる可能性がある。21日には党首討論、22日には鳩山由紀夫首相の元秘書の政治資金規正法違反事件の判決というハードルも控える。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の混迷で首相と小沢氏が退陣する「5月政変」の可能性もささやかれる。

 初当選以来小沢氏を支援してきた地元後援会関係者でさえ「水沢でも『何でもっと身の回りをきれいにしねえのや』と言う人もいる。法要に誘っても足踏みする人もいた。足元が崩れかかっている」と疲れた表情で語る。

 小沢氏が師と仰ぐ故田中角栄元首相は、ロッキード事件の1審有罪判決後、竹下登蔵相(後に首相)の父親の葬儀に国会議員約100人を率い、チャーター機で島根入りした。逆境をはね返そうと強気に出る姿は、「訪中」「新年会」「大法要」と一連の行動で数に頼る小沢氏と重なって見える。

 ◇「誰にも相談しない」

 しかし、なぜ両親の法要なのか。小沢氏は68年に死去した佐重喜氏について「親しみというか、父子の情愛というか、そういう情緒的な思いは、あまり持っていなかった」(80年出版の「人間小沢佐重喜」への寄稿)と語っている。

 「最後の奉公で頑張る」(小沢氏)とした07年参院選前の4月、小沢氏は鹿児島県の故二階堂進元自民党副総裁の墓前で手を合わせた。昨年8月の衆院選直前にも、父佐重喜氏の墓参りの後、郷土出身の原敬元首相の墓参りをしている。

 「何か決める時、小沢さんは誰にも相談しない」(側近議員)。小沢氏にとって、ここぞというときに頼れるのは物言わぬ「仏」だけなのかもしれない。【念佛明奈】

【関連ニュース】
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省
小沢幹事長:5月の訪米見送り

与謝野氏らの処分を先送り 新党結成で自民(産経新聞)
橋下新党・大阪維新の会が発足(産経新聞)
「首相は外交下手」社民政審会長(産経新聞)
仕分け第2弾は天下りにメス、47法人を決定(読売新聞)
<日本創新党>設立届…「第三極」へ見切り発車(毎日新聞)

<ゆるキャラ>日光仮面にとちまるくん 栃木県庁前にずらり21体(毎日新聞)

 ◇12市町と県21体集合

【京都】仏教界にも「ゆるキャラ」ブーム!?

 県内の自治体などが制作したマスコットキャラクター「ゆるキャラ」で魅力をアピールしようと、県は13日、県庁前で福田富一知事も参加して広報番組の撮影を行った。12市町と県から集合した「とちまるくん」や「日光仮面」など21体の着ぐるみに囲まれ撮影を終えた福田知事は、「これだけ集まるとすごい。うれしくなっちゃうね」と笑顔で話していた。

 県の広報番組「栃木のきらめき」はとちぎテレビで毎週月曜日午後7時15分から放送(木曜日に再放送)されており、13日撮影分は5月10日に放送予定。TOKYOMXや京都放送などでも放送される。【泉谷由梨子】

【関連ニュース】
親鸞:750回御遠忌前に「鸞恩」くんなどキャラ3体
掘り出しニュース:山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも
福田知事:広報番組撮影 「ゆるキャラ」で魅力をアピール /栃木
しろまるひめ:観光大使として頑張って 姫路市のゆるキャラに住民票 /兵庫

18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット(産経新聞)
<雑記帳>TAKAKOさんが北海道コスメ大使に(毎日新聞)
川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)
新型スカイライナー 走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)
村本さん死亡 東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ(毎日新聞)

<強制わいせつ容疑>警視庁課長代理を再逮捕 (毎日新聞)

 千葉県警松戸署は15日、警視庁蔵前署の警務課長代理、斉藤順一容疑者(58)=千葉県白井市堀込=を強制わいせつ容疑で再逮捕した。松戸署によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は3月9日午前7時20~30分ごろ、青砥-押上駅間を走行中の京成本線上り電車内で、女性(23)の下着の中に手を入れ、下腹部を触ったとしている。斉藤容疑者は同月26日、同じ女性に対する県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕されていた。【西浦久雄】

【関連ニュース】
盗撮:駅で女性のスカート内 JR運転士逮捕…千葉
児童ポルノ:男児専門サイトを摘発 主宰の男ら逮捕
中尊寺:僧侶逮捕 女子高校生にみだらな行為した疑い
強制わいせつ:容疑の消防士逮捕 夜行バス車内で女性触る
強制わいせつ:消防士を逮捕 バス車内で女性の足触り

スポーツ大好き藤本美貴が六本木でジョギング! 夫・庄司の小説もちゃっかり宣伝
小中学校 市町村に教員人事権 文科省、移譲認める(産経新聞)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
数千枚に1枚、マラドーナのカード盗んだ疑い(読売新聞)
中国地震、救援進まず 死者617人 児童200人生き埋め(産経新聞)

リンパ腫治療薬SGN-35の海外フェーズ3試験を開始―武田薬品など(医療介護CBニュース)

 武田薬品工業と子会社の米ミレニアム社、米シアトルジェネティクス社は4月8日、リンパ腫治療薬SGN-35について、自己幹細胞移植後に残存するホジキンリンパ腫によって再発リスクの高い患者を対象に海外フェーズ3試験(AETHERA試験)を開始したと発表した。日本での開発については未定。

 SGN-35は、シアトルジェネティクス社の特許技術を使った抗体-薬物複合体(細胞を死滅させる薬剤を正確にがん細胞に運ぶモノクローナル抗体の結合物)。悪性のホジキンリンパ腫細胞に発現するCD30抗原を標的とする。

 現在評価中のフェーズ2試験の結果を基に、再発・難治性のホジキンリンパ腫を適応症として、欧米で「迅速/条件付き承認」取得を目指している。販売許可申請は、2011年前半を予定。AETHERA試験は「正式承認」に向けて、このフェーズ2試験を補完する位置付けとなっている。

 ミレニアム社は昨年12月、シアトルジェネティクス社とSGN-35の共同事業化契約を締結した。これにより、武田グループは米国とカナダを除く全世界の独占販売権を取得するとともに、海外での開発費用の半分を負担している。


【関連記事】
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会
武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始

首相訪米を正式発表 核安全保障サミット(産経新聞)
平沼氏ら、10日に新党結成=自主憲法制定など基本政策で合意(時事通信)
次世代送電網、5・4兆円市場へ 2030年、雇用創出は60万人(産経新聞)
銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)
エコカー補助金、1年間で2865億…多い? 少ない?(レスポンス)

「英語に自信なく…」客室乗務員インターホン取らず スカイマークに業務改善勧告へ(産経新聞)

 国土交通省は6日、安全上の問題が相次いで発覚していた「スカイマーク」(東京)に対して実施した特別安全監査で、乗務員の英語力不足や不適切な機体点検などの問題が新たに見つかったとして、業務改善勧告を出す方針を決めた。同社への業務改善勧告は、平成18年4月に整備ミスが相次いだとき以来。

 国交省によると、複数の客室乗務員の英語力が不足しており、パイロットとの意思疎通に問題があった。英語が苦手なために、操縦室の外国人機長がインターホンで客室を呼び出しても、受話器を取ろうとしないケースもあったという。こうした行動は社内でも問題視されていたが、具体的な対策は取られずに放置されていた。

 そのほか、今回の監査の結果、離陸前に機内の安全設備を説明する客室乗務員の人数を3人から2人に減らしたり、乱気流に遭遇した後の旅客機の機体整備や点検が十分に行われていなかったりといった安全上不適切な問題が9件新たに見つかった。

 同社をめぐっては、乗務員の交代を命じた機長の安全判断に社長が介入して運航を強行させたり、飛行中の操縦室内での記念撮影するなどの不祥事が相次いで発覚。国交省が3月15日から3週間にわたり特別安全監査をしていた。

 前原誠司国土交通相は同日の閣議後会見で「今回の勧告を紳士に受け止め、安全運航のため改善すべきところは改善してほしい」と話した。

【関連記事】
ピースサイン操縦士の写真公開 スカイマーク不祥事、国交相が激怒
スカイマークに改善勧告へ 酸素マスク着用手順守らず 安全上の問題新たに発覚
煮え湯飲まされ…スカイマーク社長とホリエモンの意外な接点 
スカイマーク機高度守らず 他機との接近はなし
操縦室デジカメ撮影 スカイマーク、立ち入り検査

<大阪府議会>橋下知事支持の新会派発足…総勢22人(毎日新聞)
大阪のサクラ満開に 昨年より2日早く 管区気象台(産経新聞)
<訃報>大澤利昭さん79歳=元東京薬科大学長(毎日新聞)
<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)
<首相・閣僚会見>(3)「庁舎管理」で制限も(毎日新聞)
プロフィール

Author:もみやまきよはるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。